2011年9月20日火曜日

ピアノで奏でる愛のうた♪

  今日私は、大垣市で行われたピアノコンサートに行ってきました。大木稲子さんという方のコンサートで、このコンサートを知ったきっかけは、私のブログによく紹介される、なおむーさんのお誘いでした。大木稲子さんとは昔からお付き合いがあるらしく、今回もコンサートのスタッフになおむーさんが居て下さったので聴きに行くことが出来ました。私は普段、あまりクラシックを聴くことはないのですが、演奏されたどの曲も、とても情熱的で、繊細さもあり、大変親しみやすかったです。
私が特に気に入った曲は、ドビュッシー作曲の「亜麻色の髪の乙女」です。タイトルだけをみると、少し前にヒットした曲を思い浮かべる方も見えると思いますが、ドビュッシーの曲の方が遥かに前に作曲されております。この曲は、私の個人的な感想ですが、クラシックの曲の中でもかなり近代的な間の取り方や、低音部の使い方をしているように感じ、最初の一音から引き込まれる不思議な力を感じました。
クラシックが今でも愛され続けるのは、それがとても洗練されており、一音一音までとても考えられており、更には曲を奏でる奏者や、作曲者の違いが生み出す抑揚が、人の感情を捉えて離さないからだと、私は感じました。今まであまり聴く機会が無かっただけに、今日は本当に感動して、コンサートが終わってから、なおむーさんと観客で来られていたudgwさんと暫し熱く語ってしまったほどです。

今回のコンサートで、最後に演奏した曲と、アンコールで演奏した曲は、大木稲子さんが作曲された曲でした。そのどちらの曲も、本当に情景が目の前に現れるかのような、感動的な曲でした。「桜あかり」という曲と、「愛する友のために歌う歌」?(2曲目のタイトルは疎覚えです。すいません。。)という2曲でしたが、クラシックが苦手な方でも好きになると思います。是非、機会が有れば聴いてみてください♪

2011年9月18日日曜日

JAZZ NIGHT♪

 今日、私は森山威男さんのライブに行ってきました。JAZZの世界ではかなり有名なドラマーで、一度は生で聴いてみたい方だったので、その夢が叶って大変幸せな思いでいっぱいです♪私はJAZZをよく知っているわけではありませんし、JAZZ独特のリズムや音階、間の取り方等、全くと言っていいほど知識は有りませんが、今日はJAZZの世界の素晴らしさを全身で感じ、ライブが終わってから暫くは放心状態でした。
拍手が鳴りやみ、会場のガイダンスが流れて皆が席を立つ頃、ようやく我に返り、帰り支度を始めましたが、何故か演奏していたのがかなり前のように思えてしまい、何とも不思議な感覚でした。

帰りの車の中でも、会場でCDを購入していた友人のCDを聴きながら帰ってきましたが、何度聞いても本当に素晴らしいです!私も自分のバンドではドラムを担当させて頂いていますが、絶対に真似出来ないと確信していますし、目標にすらするのを憚るほどの差を感じ、尊敬して止みません。私は、「この方は憧れで留めておくことにしよう」と、最初から決めていたくらいです。
是非、一度で良いので森山威男さんの演奏を聴いてみてください!きっと新しい世界を見せてくれると思いますよ♪

2011年9月2日金曜日

つみきのいえ

 今日、私は初めてこのショートフィルムを見ました。暫く前からこのアニメの存在は知っていたのですが、なかなか見る機会がなく、ふと見てみたくなったのがきっかけでしたが、始まってから5分程した辺りから(本編は12分のアニメです)涙が滝のように流れ始め、見終わった後も暫く呆然としてしまいました。
 台詞の一切無い、動画と音楽だけのとてもシンプルな構成の中に、主人公の感情がとてもリアルに表現されており、深く感動いたしました。
 既にご覧になっておられる方も多いとは思いますし、音楽とは関係のないブログにはなってしまいましたが、個人的にどうしてもこの感動を伝えたくて書くことにいたしました。私の勝手で申し訳ありませんが、何卒御了承下さい。そして、宜しければ、ご覧になり、感想などをお聞かせいただけたら、嬉しく思います。

Profile

自分の写真
Moriyama-Ku Nagoya-City, Aichi, Japan
Enjoying the music in corner of Moriyama.