2011年9月20日火曜日

ピアノで奏でる愛のうた♪

  今日私は、大垣市で行われたピアノコンサートに行ってきました。大木稲子さんという方のコンサートで、このコンサートを知ったきっかけは、私のブログによく紹介される、なおむーさんのお誘いでした。大木稲子さんとは昔からお付き合いがあるらしく、今回もコンサートのスタッフになおむーさんが居て下さったので聴きに行くことが出来ました。私は普段、あまりクラシックを聴くことはないのですが、演奏されたどの曲も、とても情熱的で、繊細さもあり、大変親しみやすかったです。
私が特に気に入った曲は、ドビュッシー作曲の「亜麻色の髪の乙女」です。タイトルだけをみると、少し前にヒットした曲を思い浮かべる方も見えると思いますが、ドビュッシーの曲の方が遥かに前に作曲されております。この曲は、私の個人的な感想ですが、クラシックの曲の中でもかなり近代的な間の取り方や、低音部の使い方をしているように感じ、最初の一音から引き込まれる不思議な力を感じました。
クラシックが今でも愛され続けるのは、それがとても洗練されており、一音一音までとても考えられており、更には曲を奏でる奏者や、作曲者の違いが生み出す抑揚が、人の感情を捉えて離さないからだと、私は感じました。今まであまり聴く機会が無かっただけに、今日は本当に感動して、コンサートが終わってから、なおむーさんと観客で来られていたudgwさんと暫し熱く語ってしまったほどです。

今回のコンサートで、最後に演奏した曲と、アンコールで演奏した曲は、大木稲子さんが作曲された曲でした。そのどちらの曲も、本当に情景が目の前に現れるかのような、感動的な曲でした。「桜あかり」という曲と、「愛する友のために歌う歌」?(2曲目のタイトルは疎覚えです。すいません。。)という2曲でしたが、クラシックが苦手な方でも好きになると思います。是非、機会が有れば聴いてみてください♪

1 件のコメント:

  1. コンサート、遠方からお越しいただきまして本当に感謝です!

    普段とは違う畑でしたが、かなり刺激を受けましたね^^

    chikageさんの言うとおり、結局"クラシック"と呼ばれる時代に音楽はほぼ完成されていて(理論、感情表現、情景表現など)、現代音楽はどんなジャンルであろうと、その流れを継いでますもんね。
    僕自身、クラシックは好きではないのですが(汗)、やっぱりクラシックは避けて通れない道ですね。悔しいけど(笑)

    変奏曲とかちょっとチャレンジしてみようかな~、なんて思いましたが、技術がありません!残念!

    今回はゆっくりと過ごせませんでしたが、また集まりましょうね♪
    改めて、ありがとうございました!!

    返信削除

Profile

自分の写真
Moriyama-Ku Nagoya-City, Aichi, Japan
Enjoying the music in corner of Moriyama.