2012年9月11日火曜日

あれから2ヶ月♪

 先日、2ヶ月ほど前に、瀬戸に行った時に友人達と一緒に作った陶芸の作品が完成したとの連絡を受け、作品を引き取りに行ってまいりました。丁度その日は、瀬戸物祭りだったらしく、瀬戸一帯がお祭り騒ぎになっており、いつもなら2~3分ぐらいで歩ける所が、10~15分くらい掛かってしまうほど賑わっており、楽しげな雰囲気の中、何とか目的地にたどり着くことが出来ました。

 ろくろ体験をさせて頂いた店内に入り、挨拶すると、陶芸の先生が私達の事を覚えていて下さり、早速完成した作品たちを探し出して下さいました。

 私は、右の写真に写っている5点を作りましたが、自分で言うのも何ですが、かなりの良い出来栄えと思っております。サイズ、形、用途などはバラバラではありますが、何処となく、どの作品も私の写し鏡のように、少し歪でありながら、秀でたところもこれと言ってない、そんな作品に仕上がったと思っております。

 ろくろ体験を通して感じた事ではありますが、同じような作業を皆しているにも関わらず、出来あがってみると、どの作品も唯一無二であり、どんなに歪でも、その作品に愛着を感じる、まさに作曲と同じ事だ!なんて、強引に音楽に持ち込んではいますが、個性が作品に反映される事は、どんな分野でも素晴らしい事だと、改めて感じました。

 それにしても、ちゃんと形になってて良かった...(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Profile

自分の写真
Moriyama-Ku Nagoya-City, Aichi, Japan
Enjoying the music in corner of Moriyama.