2013年1月17日木曜日

懐かしき名曲♪

久々に、昔毎日のように聴いていた曲を聴いて、どんな歌詞の意味かもわからず口ずさんでいたら、懐かしさと哀愁に満ちたコーラスで少しだけ泣けてしまいました。後から歌詞の意味を調べてみて、更に胸を熱くさせられ、また少し泣いてしまいました...
 その曲は、Simon&Garfunkelの「the Boxer」という曲で、ボクシングをしている人がどうしてボクシングをするようになったのか?という自分の半生と、今の心の中の葛藤を歌った歌です。
 
 学生の時、私は略毎日この曲を聴いていた事を覚えています。最初の静かな始まりから、最後の「ライラライ~♪」のコーラスまでの何とも言えない盛り上がり方、最高潮に至った時の悲痛ともいえる、メロディーライン、エンディングでの、嵐の後の静けさのような美しいメロディー、どの部分も、私の心を大きく揺さぶり、中学~高校に至るまで聴き続けた曲たちの中の一曲です。

 Simon&Garfunkelと言えば、「スカボロー・フェアー」や、「明日に架ける橋」、「サウンド・オブ・サイレンス」etc...が映画で使われたりしたこともあって有名ですし、どの曲も本当に素晴らしいと思います。何と言っても、ギターの音がとても温かく、安心感を感じさせてくれるのがこの方々の特徴だと思っています。今時なぜこのアーティストを紹介しているのか、自分でも解りませんが(^^ゞ久々に昔の曲を聴いてみるのも良いものですね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

Profile

自分の写真
Moriyama-Ku Nagoya-City, Aichi, Japan
Enjoying the music in corner of Moriyama.